これに手を出してしまったら、人生の落伍者、
とでもいうべきアイテムがいくつかある。

 その一つが、オナホだ。
これは恥ずかしい。 

バイブやローターなんかのおもちゃは、
別に恥ずかしくないのだが(いや、十分恥ずかしいが)
オナホは、男が一人で使う物であるため、
大人のおもちゃの中でも輪をかけて恥ずかしい物の一つだ。
 
しかし、オナホは気持ちいいのだ(*´ω`*)
口には出さないだけで、きっとみんな使っていると信じたい。

後片付けがめんどくさいのでそう頻繁には使わないが
僕も、たまに自分へのご褒美(笑)で、使うことがある。


初めてオナホを買ったときは、たしか通販で買った気がする。

いろいろネットで情報を調べて、
評判の良かった「ボクのおなぺっと」 を買った。
これが安い割には、非常に具合の良いオナホだった。
(DMMでの価格は558円、amazonでは500円だ)

一緒にもう一つ買ったのだが、そっちは「ボクおな」より高かったにも関わらず
あまり具合は良くなかった。 
 
オナホは非常に多くの商品が発売されており、
安かろう悪かろう、という常識は決して当てはまらない。
しっかりネットで情報を調べて、安くても質の高いオナホを買うべきだろう。


他にお気に入りのオナホは、「つぼみちゃん」だ。
リンクを探したが、今はDMMでもamazonでも商品は見つからなかった。 

このオナホの特徴は、入り口が非常に狭く、キツイため、
刺激が大きくて気持ちがいいこと。

もう1つは、貫通型のオナホであるため、
手入れが簡単だということだ。

この「つぼみちゃん」も気に入って、何個か買ったような覚えがある。


ついこの前も久々にオナホを買ったのだが
近所の大人グッズを売っている書店が、
いつの間にか潰れていたのはショックだった。

結局別の店で買ったのだが、あまり品揃えのいい店ではなかった。
新潟の大人グッズの店では、上記の「ボクおな」や「つぼみちゃん」は
なかなか売っていないのだ。

通販で買えば、安くていい商品が手に入るのだが、
やはり、ムラっと来たときにすぐ手元に届かないのは通販の弱点だ。


オナホは、今まであまり使ったことがない人も
一度は体験しておくべきものだろう。

みんなで人生の落伍者になろう(*´∀`*)